【解消】iPhoneのアプリの動作が重い!起動が遅い!落ちる!バグ不具合障害の対処設定方法

公開日: : 最終更新日:2017/08/04 iPhone, iPhoneの使い方, まとめ記事, 解決方法

 Appleから発売されている最新モデル「iPhone6SPlus」や「iPadmini4」などのiOSデバイスで公式アプリストア「AppStore」内にてダウンロード・インストールした無料・有料アプリを利用している際に「アプリが起動しない!開かない!落ちる!ログインできない!強制終了する!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているようです。

a09-2

 下記が『【解決】iPhone/iPad/iPodtouchでアプリが起動しない/ログインできないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「AppStore」の「アップデート」から不具合の生じているアプリを最新バージョンにアップデートします
  2. 「ホーム画面」→「AppStore」の「詳細」タブからお使いのiOSデバイスがバージョンに対応していることを確認します
  3. 「ホーム画面」→「設定」→「機内モード」をオン・オフを繰り返し、もしくは「コントロールセンター」から「機内モード」をオン・オフを繰り返します
  4. 「ホーム画面」→「設定」→「バッテリー」→「低電力モード」をオフにします
  5. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンにアップグレードします
  6. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「iCloudとストレージの使用状況」から空き容量を確認します
  7. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「Appのバッググラウンド更新」からバグ不具合障害が発生しているアプリをオフにします
  8. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「Spotlight検索」→「Siriの検索候補」または「検索結果」からバグ不具合障害の発生しているアプリをオフにします
  9. 「ホーム画面」→「設定」→「Safari」→「履歴とWebサイトデータを消去」を選択します
  10. 「ホーム画面」→「設定」→「Wi-Fi」から現在接続している公衆無線LAN・Wi-Fiスポット以外の別の接続先を選択します
  11. 「ホーム画面」→「設定」→「Wi-Fi」から現在接続している公衆無線LAN・Wi-Fiスポットの「iマーク」の「DNS」欄を「8.8.8.8」に変更し、『DHCPリースを更新」を選択します
  12. 「ホーム画面」→「設定」→「モバイルデータ通信」から「4G(LTE)」もしくは「3G」を選択します
  13. 「ホームボタン」を2回押す→バッググラウンド画面から問題が生じているアプリを上にスワイプし、アプリを再起動します
  14. 「ホームボタン」と「スリープボタン」を同時押し→iOSデバイスを強制的に再起動します
  • 【追記分】上記の設定でもiPhone/iPad/iPodtouch上で発生しているバグ不具合障害が解決しない場合は下記の方法をお試しください
  1. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「情報」→「バージョン」から最新バージョンがiOSデバイスにインストールされていることを確認してください
  2. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「リセット」→「すべての設定をリセット」を選択し、iOSデバイス内の設定をリセット後に、再度お試しください
  3. 「ホーム画面」→「Safari」から「Appleサポートページ」、もしくは「ホーム画面」→「Appleサポートコミニュティ」などに直接お問い合わせしてください
  4. 「iPhone」もしくは「iPad」本体横にある「SIMカード」から差し込まれていることを確認してください
  5. 「Windows」もしくは「Mac」を搭載したパソコンから「iTunes」を起動し、「復元」からiPhone・iPad・iPodtouchの過去に作成したバックアップからiOSデバイスを復元してください
【スポンサーリンク】
【この記事を共有しませんか?】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
【おすすめ記事&広告】

関連記事

【解決】アメーバブログで閲覧履歴を削除/消去できない場合の対処設定方法

 Appleから発売されている新型モデル『iPhone7Plus』や『iPadPro』などのiOSデ

記事を読む

PAGE TOP ↑