【解決】XperiaXで緊急省電力モードが使えない/オンにできない場合の対処設定方法

公開日: : 最終更新日:2017/08/09 XperiaXの使い方, まとめ記事, 解決方法

  大手通信キャリア「NTTドコモ」「SoftBank」「KDDIau」などから発売されているSONYMOBILE社の「XperiaX」シリーズの最新モデル「XperiaX」、「XperiaXPerformance」、「XperiaXA」を利用している際に「災害や緊急時にXperiaX本体を充電できない時などに一部の機能を制限し、バッテリーを節約してくれる機能「緊急省電力モード」が使えない!設定できない」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているようです

Xperia+X+Performance+Colours-2

 下記が『【解決】XperiaXで「緊急省電力モード」がオフにできない/オンにできないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです。

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「端末情報」→「ソフトウェア・アップデート(システム・アップデート)」から最新バージョンにアップグレードします
  2. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「バッテリー」→「緊急省電力モード」を選択します
  3. 「緊急省電力モードは災害時などの緊急時にい機能を制限して消費電力を抑えるモードです。有効にする前に注意事項を確認してください。有効にすると機器の再起動が行われます」と画面に表示されるので「注意事項を確認しました」にチェックを入れ、「有効にする」を選択します
  4. 「XperiaX」本体が自動的に再起動され、ホーム画面に「緊急省電力モード」画面が表示されたら成功です
  5. 【「緊急省電力モード」をオフにする場合】:「緊急省電力モード」の画面右上の「歯車」を選択→「緊急省電力モードを解除する」→「解除する」を選択し、XperiaX本体を再起動すると通常モードに切り替わります
  • 上記の設定でもお使いのデバイス本体上で発生しているバグ不具合障害が解決しない場合は下記の方法をお試しください
  1. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「端末情報」からスマートフォン・タブレット本体に搭載されている「Android」のバージョンを確認してください
  2. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「アプリケーション」からXperiaスマートフォン・タブレット本体の空き容量を確認し、不要なアプリをアンインストールしてください。
  3. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「アプリケーション」→該当のアプリもしくは「設定」アプリを選択→「ストレージ」→「キャッシュを消去」を選択し、Xperiaスマートフォン・タブレット本体のキャッシュファイルを削除してください
  4. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「アプリケーション」→該当のアプリもしくは「設定」アプリを選択→「強制終了」を選択します
  5. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「アプリケーション」→該当のアプリもしくは「設定」アプリを選択→「アップデートのアンインインストール(旧バージョンのみ)」を選択します
  6. 「ホーム画面」の「戻るボタン(画面右下)」を選択し、バッググラウンド画面からすべてのアプリを横にスワイプし、アプリを再起動後にもう一度してください
  7. 「電源(スリープ)ボタン」を長押し→「再起動」、「電源を切る(シャットダウン)」などから電源を落とし、再度電源をオンにし、ホーム画面からもう一度試してください
  8. 「電源(スリープ)ボタン」と「音量ボタン」を同時押し→Xperiaスマートフォン・タブレット本体を再起動したあとに、ホーム画面からもう一度お試しください
  9. 「Xperia」スマートフォン・タブレット本体横にある「SIMカード」が差し込まれていることを確認してください 
【スポンサーリンク】
【この記事を共有しませんか?】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
【おすすめ記事&広告】

関連記事

【解決】クラッシュロワイヤルが起動しない/ログインできないバグ不具合障害の対処設定方法

 Appleから発売されている最新モデル『iPhoneSE』や『iPadPro』などのiOSデバイス

記事を読む

PAGE TOP ↑