【解決】GooglePlayでアプリの自動更新オフでもアップデートする場合の対処設定方法

公開日: : GooglePlayストア, まとめ記事, 解決方法

 Googleから配信中の「Android8.0」「Android7.0」「Android6.0」「Android5.0」を搭載したAndroidスマートフォン・タブレットにて「GooglePlayストア」利用している際に「同ストア内からインストールしたアプリの自動アップデートを無効化に設定したのに勝手に更新される!」などの使い方が分からない一部のユーザーが慢性的に発生しているようです

  下記が『【解決】GooglePlayストアでAndroidアプリの自動更新を無効化できないバグ不具合障害の対処設定方法』についての対処設定方法です

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「設定」→「アプリ」→「GooglePlayストア」アプリの「キャッシュを消去」と「データの削除」を選択します
  2. 「ホーム画面」→「設定」→「アプリ」→「GooglePlayストア」アプリの「強制終了」もしくは「停止する」を選択します
  3. 「ホームボタン」と「電源(音量)ボタン」を同時押し、「Android」スマートフォン・タブレットを強制的に再起動してください
  4. 「ホーム画面」→「GooglePlayストア」を開く→「三(画面左上)」を選択し、「設定」を選択してください
  5. 「設定」画面にて「全般」の「アプリの自動更新」を選択し、「常に自動更新する」もしくは「Wi-Fiに接続しているときだけ自動更新する」から「自動更新は一切しない」に変更してください
  • 上記の設定でもAndroidスマートフォン・タブレットの問題を解決できない場合の設定方法についてのまとめです
  1. 「ホーム画面」→「GooglePlayストア」の「アップデート」から全てアプリを最新バージョンにアップデートしてください
  2. 「ホーム画面」→「設定」→「端末情報」→「システム・アップデート」から最新バージョンにアップデートしてください
  3. 「ホーム画面」→「設定」→「端末情報」からお使いのAndroidのバージョンが不具合の発生しているアプリに対応しているか確認してください
  4. 「ホーム画面」→「設定」→「アプリ」→「アプリ情報」から直近にインストールしたアプリをアンインストールしてください
  5. 「ホーム画面」→「設定」→「ストレージ」→「キャッシュ」から不要なキャッシュファイルを削除してください
  6. 「ホーム画面」→「設定」→「アプリ」からバッググラウンド上にて起動しているアプリのプロセスを停止してください
  7. 「ホーム画面」の「戻る(画面右下)」を選択→バッググラウンド画面から全てのアプリを横にスワイプします
  8. 「電源ボタン」を長押し→「再起動」または「シャットダウン」から「Android」スマートフォン・タブレットを再起動してください
【スポンサーリンク】
【この記事を共有しませんか?】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
【おすすめ記事&広告】

関連記事

【無効】Windows10でタスクバー上のタッチキーボードアイコンを非表示にする設定方法

 Microsoft社から提供されている旧型バージョン「Windows7」「Windows8.1」な

記事を読む

PAGE TOP ↑