【解説】ApplePayでSuicaカードを使う方法が公開中!日本版iPhone7のみ対応?

公開日: : 最終更新日:2017/08/09 Apple, iPhone7, まとめ記事

本日、Appleは米国時間の2016年9月7日(日本時間の9月8日)に「iPhone」シリーズの最新モデル『iPhone7』や『iPhone7Plus』が正式発表されましたが、同モデルに対応する日本国内の「Suicaが使えるApplePay」という特設ページが開設されています。

suica-on-iphone-logo-icon

 Appleから正式発表された新型モデル「iPhone7」と「iPhone7Plus」、同日に正式発表されたウエアラブルデバイスの次期モデル「AppleWatch2」で独自決済システム「ApplePay」を使う場合は、iPhone7本体に「Suica」カードを背面部分に置き、必要な情報を転送することで利用可能になります(【追記】:「Felica」で「ApplePay」に転送後のICカードは複数所持ということから、JR東日本の利用規約により使えなくなるそうです。)

 また、JR東日本からリリースされている公式アプリ「Suica」内にある「残高確認」、「ApplePay」に登録済みのクレジットカード情報から「Suica」にチャージなどが行えることができます

 他にも「Suica」カードに対応している「iPhone7」は日本国内だけで発売される予定の「iPhone7(A1779:CDMA)」と「iPhone7Plus(A1785:CDMA)となっており、先述の「Suica」カードの情報の転送時に4桁の個人番号を入力する必要があるそうです

【スポンサーリンク】
【この記事を共有しませんか?】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
【おすすめ記事&広告】

関連記事

【退会】メルカリアッテでアカウントを削除/再登録できないバグ不具合障害の対処設定方法

 Appleから発売されている最新モデル『iPhone6S』や『iPhoneSE』などのiOSデバイ

記事を読む

PAGE TOP ↑