【解決】Windows10でWindowsUpdateのアクティブ時間を変更する設定方法

公開日: : 最終更新日:2017/08/07 Windows, Windows10の使い方, まとめ記事, 解決方法

 Microsoft社から提供されている旧型バージョン「Windows7」「Windows8.1」などを搭載したパソコン向けにリリースされている最新OS「Windows10」にシステム・アップグレード後に「「WindowsUpdate」による更新プログラムのアクティブ時間を変更できない!再起動を防止できない」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているようです。

Windows-3
 下記が『【解決】Windows10のWindowsUpdateの更新プログラムによるアクティブ時間を変更できないバグ不具合障害の設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「設定」→「更新とセキュリティ」を選択します
  2. 「更新とセキュリティ」画面にて「WindowsUpdate」→「アクティブ時間の変更」を選択します
  3. 「アクティブ時間の変更」画面にて「開始時刻」と「終了時刻」をそれぞれ入力し、「OK」を選択します
  4. 【追記】:上記の設定でも「WindowsUpdate(更新プログラム)のアクティブ時間を変更できない」場合は、「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「電源」→「再起動」を選択し、Windows本体を再起動し、再度同じ設定を行ってください
  • 【追記分】上記の設定でもWindowsを搭載したパソコン上で発生しているバグ不具合障害が解決しない場合は下記の方法をお試しください
  1. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→「プログラムのアンインストール」から不要なアプリケーションをアンインストール・再インストールしてください
  2. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「WindowsUpdate」から最新バージョンであることを確認してください
  3. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「ディスク領域の解放」を選択します
  4. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「システム」→「システムの詳細設定」→「パフォーマンス」→「詳細設定」から「仮想メモリ」を変更します
  5. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「システム」→「システムの保護」→「システムの復元」からバックアップから復元し、同じ設定を行ってください
  6. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「デバイスマネージャー」→「ドライバーの更新」を選択します
  7. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「InternetExplorer」や「Microsoftストア」からキャッシュファイルを削除できるアプリをインストールし、パソコン内の不要なファイルを削除してください
  8. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「マイコンピュータ」からハードディスク上に保存している不要なファイルを削除してください
  9. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「設定」→「更新とセキュリティ」→「更新プログラムのチェック」を選択します
  10. 「デスクトップ画面」→「タスクバー(画面右下)」からバッググラウンド上にて起動しているアプリケーションを停止してください
  11. 「Windows」を搭載したパソコン本体に装着している周辺機器(ハードディスクやUSBなど)を外してください
【スポンサーリンク】
【この記事を共有しませんか?】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
【おすすめ記事&広告】

関連記事

【解決】Android6.0でファイルマネージャ機能が使えない場合の対処設定方法

 「Android6.0.x」を搭載したAndroidスマートフォン・タブレット(Nexus、Xpe

記事を読む

PAGE TOP ↑