【解決】ChromeCastでゲストモードが使えない/接続できないバグ不具合障害の対処設定方法

公開日: : 最終更新日:2017/08/14 Google, まとめ記事, 解決方法

 Googleから発売されているメディアストリーミングデバイス「ChromeCast」では、iPhoneやAndroidスマートフォン・タブレットやWindowsもしくはMacを搭載したパソコンが同一ネットワーク内のWi-Fiや公衆無線LANに接続していなくても利用できる「ゲストモード」が使えない!オンにできない!映せない!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているようです。

416094-chromecast 下記が『【裏技】ChromeCastで「ゲストモード」機能が使えない/オンにできないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「GooglePlayストア」から「GoogleCast」アプリを最新バージョンにアップデートします
  2. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「端末情報」→「システム・アップデート」から最新バージョンにアップデートします
  3. 「ホーム画面」→「GoogleCast」アプリを起動→「デバイス」からお使いのChromeCastを選択→画面右上の「設定」→「ゲストモード」からオンにすることができます
  4. 「YouTube」などの動画アプリからChromeCastに映し出したい動画を選択→「キャスト(右上)」ボタンを選択します
  5. 「キャストする端末」画面にて「付近の端末」を選択→「付近の端末にキャスト」画面にて「PINコード」を入力すると、ChromeCastとデバイス間での接続が完了します
  6. 【追記】:上記の設定でも「ゲストモード」が使えない場合は、Androidスマートフォン・タブレットの「電源ボタン」と「音量ボタン」を同時押し→デバイスを再起動後に同じ設定を試してみてください
  • 【追記分】上記の設定でもChromeCast本体上で発生しているバグ不具合障害が解決しない場合は下記の方法をお試しください
  1. 「ホーム画面」→「GooglePlayストア」の「アップデート」から使用しているアプリを最新バージョンにアップデート更新します
  2. 「ホーム画面」→「GooglePlayストア」の「検索」から使用しているアプリの「詳細」からバージョンに対応していることを確認してください
  3. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「端末情報」→「システム・アップデート」から最新バージョンにアップグレードします(Androidの場合)
  4. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「アプリケーション」→該当のアプリの「キャッシュを消去」を選択します(Androidの場合)
  5. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「アプリケーション」→該当のアプリの「強制終了」を選択します(Androidの場合)
  6. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「アプリケーション」→該当のアプリの「アップデートをアンインストール(旧バージョンのみ)」を選択します(Androidの場合)
  7. 「ホーム画面」の「戻るボタン(画面右下)」を選択し、バッググラウンド画面から全てのアプリを横にスワイプし、ホーム画面から同じアプリを再起動後にもう一度行ってください(Androidの場合)
  8. 「電源(スリープ)ボタン」を長押し→「再起動」、「電源を切る(シャットダウン)」などから電源を落とし、再度電源をオンにし、ホーム画面からもう一度試してください(Androidの場合)
  9. 「電源(スリープ)ボタン」と「音量ボタン」を同時押し→Android/iOSデバイスを再起動し、再起動後にホーム画面からもう一度お試しください
【スポンサーリンク】
【この記事を共有しませんか?】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
【おすすめ記事&広告】

関連記事

【解決】KindleFireHDでホーム画面の壁紙を変更できない場合の対処設定方法

  大手インターネットショッピングサイト「Amazon」社から発売されている公式タブレット「Kind

記事を読む

PAGE TOP ↑